新型コロナウィスウィルス騒動に思うこと②

 

新型コロナウィルスの影響による、売上低下等の影響で雇い止めや

内定の取り消しなど、ネガティブなニュースで溢れています。

終息するまで厳しい状況はしばらく続くと考えます。

弊社も厳しい状況に成ることは避けられないのかも知れませんが

こんな時に経営者だけではなく働く仲間も一緒に考えなければ成らないことは何でしょうか・・・・?


本当の会社の「あるべき姿」とは何か?会社の「あるべき姿」は

・働く人が、安心して暮らす事ができること

・皆が夢を描ける会社であること

・やりがいのある仕事ができること

・環境を整えること

これは弊社の最大の使命であり、一番の仕事だと考えています。

この会社に入ってよかった、この仕事をしてよかったと思える会社で有りたいと思っています。


会社で過ごす時間は人生の大半を占めます。

それぞれの人生を豊にするのは、当然その時間をどう過ごすかが非常に重要なファクターに成ってきます。

朝起きて仕事の出来る喜びに感謝し、家族・同僚との絆を大切にし、

同じ時代に生きる縁の不思議さと喜びを共有して行きたいと思っています。


弊社の経営理念の一文に『喜ばれる事に喜びを』と有りますが、

ではその喜びとはなんでしょうか?


私は、人生の最大の喜びとは4つあると考えています。

 1つ目は、「ほかの誰かに必要とされる」こと     

 2つ目は、「ほかの誰かを助ける」こと

 3つ目は、「ほかの誰かに感謝される」こと     

 4つ目は、「ほかの誰かから愛される」こと

残念なことに弊社の仕事は、やりたい仕事には選ばれる仕事では有りませが、

3つ目については、私達のような仕事だからこそ得られる喜びです。


人から必要とされ(1つ目)

必要とされたからその人を助け(2つ目)

助けたから感謝される(3つ目)

この3つが人生の喜びだとすれば、

会社は「皆と一緒に働くことで得られる喜びを」増やす為に存在するべきです


それではUPは何の為に存続するのか?

会社は「働く喜び(人生の喜び)」を知る場所であり

更には「自己成長」するための舞台だと思うのです。

仲間をひとりでも多く増やす責務が会社にはあるはずです。